ワインと料理を楽しむ…


ワインと料理を楽しむ…

ワインと料理のマリアージュ

お料理を楽しむの時に、ワインがあると豊かな気持ちになりますよね!
食前酒・デザート酒・料理に合わせてワインを楽しむ…
一般的に「肉料理には赤、魚料理には白」と言われますが…
ワインは、酸味、甘味、渋み、うま味、果実味などが混在し、香りの成分も様々です。ワインと料理をマリアージュするポイントとしては、酸味が強いワインには酸味のある料理、濃厚な味の料理には濃い重めのフルボディワインとの相性が良いです。

ワインと料理の【色】を合わせる
赤色の濃厚な料理であれば赤ワイン、白っぽい繊細な料理であれば白ワインのように、メインとなる料理の色とワインの色を合わせのが一つの方法です。例えば、牛や子羊の赤身肉には赤ワイン、白身魚や豚や鶏肉のような白身肉には白ワインを選ぶのがセオリーです。えびや生ハム・デザートには、ロゼワインや白ワインが良いでしょう。

ワインと料理の【重さ】を合わせる
同じ食材でも、調理方法によって合わせるワインが変わります。肉料理でも、こってりしたコクのある味付けにはフルボディの赤ワインが合います。クリームソースやハーブ・レモンなどを使った料理には、ロゼや白ワインとの相性が良いです。 すなわち、こってり料理なら重いワイン、繊細な料理には軽めなワインがオススメ。お互いの共通点を見つけるのがポイントです。

ワインと料理の【産地】を合わせる
また、イタリア料理にはイタリアワインを合わせるなど、産地が同じもの同士の組み合わせは、その土地の風土に適したものが作られているため、安定感のある相性です。どんな料理にも合わせやすく、食前酒としても万能な辛口のスパークリングワインがオススメです。シュワシュワの炭酸が食欲をそそり、これから出される料理を楽しませてくれる万能ワインです。例えば「日本料理のような繊細な料理に合うワイン」を考えてみると、あまりクセが強くない辛口の白ワインやタンニンが弱めなフルーティーなロゼ・赤ワインも相性が良いと思います。ぶどう品種では、ピノ・ノワールやガメイなどがおすすめです。ピノ・ノワールは世界中で栽培されていますが、中でもフランス・ブルゴーニュ産がおすすめです。

ワインと料理のベストマッチングを探す
相性のいい関係を結婚にたとえて「マリアージュ」といいます。ワインはおいしい料理を引き立て、料理はワインの味を際立たせます。それは、それぞれの好みや特徴によっても変わるものですが…
色々なワインを、各地の料理とともに楽しみながら、自分と相性の良いベストパートナーとマリアージュしてください。きっと素敵なお相手が見つかります。

▼東京・横浜で独身 / 既婚ワイン会を開催している「クラージュワインパーティー」の齋藤です。

最近お伺いした「東京でワインと料理」がオススメのお店です。

ワインとA5牛のお肉を合わせるなら…
■神戸牛割烹 銀座「美作」
個室もあってランチならお手頃です。
https://restaurant.ikyu.com/111649/

和食とワインを楽しむなら…
■日本料理 築地「魚月(なづき)」
プロジェクトマッピングを配した個室がオススメ!
https://nazuki.tokyo

フカヒレ料理・ベトナム料理でワインを楽しむ…
■チャイニーズレストラン 銀座「南風楼」
女子会にも最適なレストランです。
https://restaurant.ikyu.com/115041/

日本の伝統食『麹』や『味噌』を使い、ワインに合う料理を…
■ダイニングバー「KEYAKI 欅」
銀座駅からすぐ側の隠れ家的「創作和食バー」です。
https://restaurant.ikyu.com/104214/

+ There are no comments

Add yours